最新のスマートフォン事情について

最初のスマートフォン

スマートフォンの歴史といわれるものには、諸説あります。と言いますのも、当時はスマートフォンだと思って開発や販売していなかった機種であっても、後々思い返してみるとスマートフォンと言えるといった事が多々あるからです。ただし、多くの方がスマートフォンだと認識しているモデルは、1996年に発売されたNokia 9000 CommunicatorというフィンランドのNokia Corporationで開発されたモデルです。

Nokia 9000 Communicatorは、スマートフォンの元祖と言わることもありますが、実際には、現在のスマートフォンとはかけ離れた物でした。Nokia 9000 Communicatorは、ビジネスユーザー向けに開発された端末で、携帯電話を真ん中で開くとQWERTYキーボードとディスプレイが表示される仕様でした。Nokia 9000 Communicatorは、電話機能だけでなく、メモ帳、カレンダー、電卓、時計、FAX、SMS、インターネット、画面を開いた状態で行うハンズフリー通話機能などを使う事ができました。現在のスマートフォンにも通ずる機能は備えてはいますが、インターネットの表示速度も遅かったなど、快適に操作することができるとは言い難いモデルでもありました。



【当サイト関連リンクの紹介】
現在ではスマートフォンといえばiPhoneが人気を誇っており、日本では高いシェア率です。そんな中でiPhone修理店も増えてきているので、万が一故障しても安心して修理に出せます。全国に店舗がある修理店を紹介するので、困った際にはぜひお役立てください ⇒ iPhone修理ならiCracked