最新のスマートフォン事情について

Androidの台頭

Androidは、Googleによって開発されたモバイル端末用のOSです。iPhoneとは違い、広く提供されていますので、市販されているスマートフォンにAndroid系のOSが搭載されているモデルが多くなっています。2020年10月時点において、最も多く愛用されているスマートフォンOSが、このAndroidです。

Androidは2003年に創業されましたが、規模が小さな企業という位置づけでした。しかし、2005年にGoogleに買収されたことにより徐々に積極的に開発が行われます。

Androidの元祖と言われているのが2008年に販売されたT-Mobile G1です。T-Mobile G1は、台湾のHTC社が開発したHTC DreamのT-モバイル USAへ供給されたモデルです。現在のタッチパネルではなく、ブラックベリーのような物理キーが搭載されていました。

Androidが本格的に力を強めたのは、OHAが設立されてからです。OHAには、国内外の携帯端末メーカーが多く参加しました。現在でもスマートフォンのトップに君臨している韓国のSamsung ElectronicsやLG Electronics Incorporated、アメリカのMotorola、NTTドコモ、KDDIなどが本格的にスマートフォンの開発に乗り出すきっかけとなりました。