最新のスマートフォン事情について

最新のスマートフォン

日本国内のスマートフォンは、一時期のiPhone一強ではなく、Android系のスマートフォンも徐々に利用者を増やしてきています。海外では、すでにiPhoneよりもAndroid系のスマートフォンの方が多く利用されている国が大半を占めており、勢力図は大きく塗り替えられた形です。日本国内のシェア率もiPhoneが57パーセント、Androidが43パーセントとかなりAndroidが追い上げてきています。海外ですとiPhoneが25パーセント、Androidが75パーセントと圧倒的にAndroid系のスマートフォンが多くなっています。

一時期は、バッテリーから発火するなどのトラブルがあったり、操作がカクカクして操作しにくいなどの指摘もあったAndroidですが、最近のモデルは非常に信頼できるモデル物も増えており、Androidだから不満に感じるようなことはなくなりました。特に非常に売り上げを伸ばしているGalaxy S20+ 5GやXperia 5、Xperia 1 II、AQUOS R5G、AQUOS zero2などのモデルは、高級ながらも非常にコストパフォーマンスに優れていると評判となっています。